アコム

カードローンが契約できない主婦


日本でカードローンの契約申込みをしたけど審査に通過できなかったという主婦は少なくありません。しかし、主婦だから審査に落としたというような単純な理由ではありませんので、僻む前に何がいけなかったのかを確認してみましょう。まず、主婦が日本でカードローンを作るには以下の条件があります。「20歳以上」「収入がある」「日本国内での他社からの借り入れがない」「永住ビザを取得している」「日本語の読み書きができる」「日本語を理解して喋れる」ということです。日本人でもカードローンの契約条件は、20歳以上で収入があるということが最低限の条件になっています。加え、主婦は永住ビザを取得し、日本語を理解しなくてはいけません。収入に関してはアルバイトやパートでも構わないのですが、あまりに収入が少ないと審査は難しいでしょう。また、債務を残したまま自国へ戻ってしまう人もいるので信用面では日本人よりも審査が厳しくなります。さらに永住ビザを取得しているとはいえ、日本在留期間の長さ、仕事の勤務年数の長さも考慮されるので、最低でも在留期間と勤務年数共に1年以上の継続がないといけません。そして、当たり前のこととして日本語の理解、読み書き、話せることができないと契約はできません。審査に落ちる理由は一概ではないですが、自分の背景を見直してみて何が落ちた理由なのかを考えてみてください。そうすれば自ずと原因も見えてくるでしょう。

カードローン 専業主婦







   更新日:2014/08/01